それはある○○○の一言

投稿1発目(正確には2発目)なので長文になってしまいます。あしからず・・・・。

そう、アレはある蒸し暑い梅雨の日の出来事。
仕事を終え、蒸し暑さにうんざりしながら電車に乗っていた時のこと。

つり革に手をかけながらぼ~っとしていると、突然私の目の前に座っていたご婦人が
Don't !!!」と叫びました。

なんだこの○○○は!?どうみても日本人なのに何故にイングリッシュなんだ・・・・。
と思いながら、ふとそのご婦人の視線の先に眼をやると
そこには何やら携帯電話をポチポチといじる喪服姿の中年の女性の姿が。

そういえば、数人の喪服姿の中年の男女が人とはぐれたか何かしたらしく
慌しい様子で乗り込んできたなぁ。
まぁ、はぐれた人との連絡か何かでメールでもやっていたのだろう・・・・。

その直後にご婦人はこう続けました。
コレを見てください。ココでは電源を切ってください!」
そう、このご婦人の座っている場所は優先席昔でいうシルバーシートなのでした。
その優先席付近では携帯電話の電源を切るのはマナーです。
(現実には電源切る人は少ないかもしれませんが・・・。)
にも関わらず、堂々と携帯電話を操作する姿を見てご婦人はあきれながらも注意したのでしょう。

突然注意された喪服姿の女性は困惑の表情を浮かべながらも携帯電話をしまいました。
何駅か過ぎてその喪服の集団は電車を降りて行きました。その降り際に喪服集団の一人の女性が余計な事を言いやがってと言いたげな顔をしながら電車を降りていきました。
そんな女性を見ながら私は、つくづく今の親は・・・と深い絶望に包まれました。

CMでもありましたが、最近そうやって注意してくれる大人って本当に少なくなったと思います。
そんな中間違ったことを間違っていると素直に言えるご婦人の姿に思わずアツくなるものがありました。

ものすごく長文になりましたが、そんなちょっぴり素敵な感動を忘れないように!
と思いまして、記録を残す手段としてブログに手をつけたのでした。
今後のネタのほとんどがゲームネタになってしまうかもしれませんが、またちょっとした心を動かす何かがあったら投稿していこうと思ってます。

というわけで、イキナリの長文にも関わらず最後まで読んでくれてありがとうございました。
よかったら感想なんぞを聞かせてくださいな!
[PR]

by tako-tsubo | 2007-06-22 22:38 | 一般  

<< もう子供は寝る時間です どうぞよろしく >>